会員便り 1 > 

2015年5月

さたに新会員ご紹介

埼玉の竹中さんです

 

クラブ員は詳細こちら

 


2015年4月

またまたご報告が遅れてしまいましたが、

正式な新規入会 久保さん

今回正式に入会となりました。


もちろん皆さんご存知のss KUBO

の若旦那です。みなさん詳しく知っていますね。


 2015年4月22日

 

新会員のご紹介です。2月にご入会でしたがご紹介が遅れました。

 

神奈川の星野さんです。

もてぎツーリングに参加いただきました。

クラブ員の方は詳細こちら


2015年4月22日

 

新会員のご紹介です。2月に入会ですが、ご紹介が遅れました。

新潟のz432佐藤さんです。

 

もてぎツーリングでは新潟からはるばる参加してくれました。

クラブ員の方は詳細こちら


2015年4月13日

埼玉の運天です。


最近有難いことに店の営業に追われ、ようやく一か月ぶりに乗ることができました。

結局日曜の深夜ですが (^^)



毎年、この時期はクーラーの効きもチェックし始めるのですが、今年も例年通り、効きがいまいちの感じでした。

一度配管をチェックし直したほうがよさそうです!

走り出すと、純正マフラーらしからぬ音量が気になります!

見てみると、サビでマフラーに少し穴が開いていました(^_^;)


純正は製廃ですから、対処法を検討しなければなりません。。。


本当は桜の下で撮影したかったのですが、残念ながら今年は昼間に行動できず。。


また動きがありましたらアップしていきますので (^^)/


 

追記:編集人より (運天さんHP直インプットありがとうございます。助かります)

   運天さん、お便りありがとうございます。ライブBAR:un10 ご繁盛で何より

   ですね。でも、Zに乗る時間が不足するのはいたしかゆしか!

   やっぱり旧車と言えどもクーラーが欲しい地球環境ですが、私もなんとかクーラー

   付けたいです。

 



2015年3月31日

圏央道追加開通パレードに行ってきました

栗原です  クラブS30のみなさんお変わりありませんか。

329  圏央道久喜〜茨城古河までがが開通しました。

当日は、地元の自衛隊の車や消防車 そしてクラシックカー約10(私のフェアレディZを含め)  開通祝賀パレートに参加してきました。

開通祝賀セレモニー  地元の子供たちもテープカットに加わりとても好印象でした!

----

あっさりと料金所を通過!

その後は時速40kmでのんびりと

パレート

ギャラリーがいなくチョット寂しい

----

電光掲示板も祝福してました

----

以上  圏央道久喜〜茨城古河までの祝賀パレートでした。

ありがとうございましたm(._.)m

おまけの画像です 

ちょうど1週間前の日曜日  開通前にこの高速道路をウォーキング出来るイベントがありました  なんと15000人がきたそうです 

 

滅多に見られない写真です!


2015年3月6日

静岡 川嶋です。

遠藤さんつながりの記事で、2月に奈良へ行ったときに遠藤さんの3台目の240Zを見せていただきました。その時の様子ですが、背景は奈良ホテルで歴史のあるホテルで、毎年1回ここを拠点に奈良を楽しんでいます。

奈良公園まで走って記念撮影。写っていませんが周りは鹿だらけ。すごく増えています。

このzは車体は劣化が少ないというか、やはり日本の湿気や雨にあたっていないからか、齢を取るスパンが日本とは異なっているようです。改造や修理の跡さえも見られないまったくの当時物と言えますね。2400と言う排気量とトルコンでますます低速トルクが増して通常走るには十分すぎるほどのレスポンスです。

この車をこういう仕様で乗るのは一つの方向性としてすごく面白いとおもいます。

遠藤さん、ありがとうございました。


最近の作業

  投稿者:遠藤克彦  投稿日:2015年 2月13日(金)23時55分39秒

細々とした幾つかの作業を書き込み致します。何かのご参考になれば幸いです。
1、クォーターウインドウの上の小さなゴム、アメリカからリプロ買って装着しました
2、カウルトップを留めるネジのチューブ、純正再現。ハーネスにイタズラしないためのものですね。
3、エアクリーナーのネジ、当時のミッキーマウスに。純正でも後で買うと耳たぶが小さくなります。



4、シートベルト-ショルダーストラップのアンカー、ワッシャーが沢山です
5、ドア周りのゴム、E4100にしましたが、当分閉めにくいですね。



2015年2月12日

 

新会員のご紹介です。

1月にご入会されていました。

掲示板ですでに何回かz432-7のネームで投稿してくれています。つい先日6日にもご投稿いただきました。

 

千葉県の福田 さんです

 

2台のz432を乗りついで来られたということですごく大事に乗られておられるようです。よろしくお願いします。

club-s30会員の方は詳細こちら



2015年1月28日

新会員入会ご紹介です。

川崎市の上田さん

 

Z432でクラブツーリング 袋田の滝に参加されました。

クラブS30の方は詳細こちら


2015年1月1日

 

新会員入会ご紹介です。

入会審査は12月に完了していましたが、入会区切りが良いので1月入会となります。

千葉県の岩澤さんです。

240ZGはドンガラから起こされたようです。

熱心な方ですね。

ブログもやっておられるようです。

みなさんよろしくお願いします。

クラブS30会員の方は詳細はこちら

 


2014年11月18日


京都 会員の遠藤さんから

圧巻のお便りをいただきました。


日本からはるばるアメリカへZ432を運び、アメリカではさらに希少な車体をご披露してきたご報告です。

クラブs30クラブ員の方は

下記ファイルをクラブパスワードで閲覧可能ですので、じっくりご覧になってください。

すごいです。

ダウンロード
アメリカ サンディエゴ Zコンクール 2014  遠藤さん報告
Real Final ZCON 2014 in San Diego パスワード必
Microsoft Word 7.3 MB

又、掲示板にも掲載されている動画、これもきれいです。プロモーションビデオ並ですね。

遠藤さんのサンディエゴでの動画


2014年11月1日 新入会員ご紹介

2人目の海外メンバーが加わりました。

カリフォルニア在住のjoeさんです。

以下、本人からのの紹介文です。

よろしくお願いします。


I am very happy to be Welcome to Club S30.  This is my Fairlady Z story.  I was in the US Navy, stationed in Yokosuka from 1971 to 1974. In May of 1974 I purchased my 1972 Fairlady Z from a Navy doctor for $1800 US dollars. 

It was shipped back to the US by the Navy. I had many years of driving the Fairlady, changing the color and adding sport body parts. In 1980 I married and started a family, My wife Violeta , my daughter Tara and my son Justin. I did not drive the Fairlady for many years because of many family and work reasons. In 2000 I began to restore the Fairlady. 

I disassembled the complete car and reworked every parts, stripped the old paint, cleaned and repainted every part.  I bought every new part that was available from Nissan and other shops.

 I collected many new parts, nuts, bolts, hoses, engine parts, body parts and interior parts. After 10 years of working on the engine, body, interior and paint. I began to put the car together. 

 I tryed to keep the car Stock, the only changes I made to the engine were, exhaust headers and a light weight aluminum fly wheel.  In the interior I put leather seats , but in the same style as the stock, I had the dash recovered with original material and put carpet in the whole car since the Type S did not have carpets.

 I tinted the windows because of the hot sun in California and my car had no air conditioning. 

Today I enjoy taking my Fairlady to car shows like Japanese Classic Car Show, Nissan Jam, ZCON 2014, where I met Mr. Kats Endo and the Motorsport Z Car West Coast Nationals.         I am proud to own a Classic Japanese Fairlady Z Type S.   Arigatou

和訳

クラブS30様に歓迎頂き、大変嬉しく思います。私のフェアレディZの話をします。私はアメリカ海軍で、1971年から1974年の間横須賀基地に駐留していました。1974年5月に1972年式フェアレディZを海軍担当医から1,800ドルで購入しました。車は海軍船でアメリカへ船輸送しました。私はボディ・カラーを変えたりスポーツ・パーツを付けたりしながら、フェアレディを運転して長年過ごしました。私は1980年に結婚して、妻ヴィオレラ、娘タラ、息子ジャスティンという家族を持っています。それから私は多くの家族や仕事の理由で、しばらくの間フェアレディを運転していませんでした。2000年にフェアレディをレストアし始めました。車を分解して、全ての部品を作り直しました。古い塗装を剥がし、きれいにして全ての部品を再塗装しました。日産や他のショップで入手出来る新品部品は全て購入しました。ナット、ボルト、ホース、エンジン部品、ボディ部品や内装部品といった、沢山の新品部品を集めました。エンジン、ボディ、内装や塗装といった10年間の作業の後、私は一緒に車を置くようになりました。変更はエンジンに合わせて作った排気パイプや軽量アルミホイールのみですが、車を保存し続ける様に努めました。車内にはレザーシートを設置しましたが、在庫品は同じスタイルでは無く、ダッシュボードをオリジナル材料で再生し、S30Sの設定に無いカーペットマットを敷きました。カルフォルニアの熱い日差しやエアコンが付いていない為に窓に薄い色を付けました。今日、私は日本の旧車ショウの様な、日産ジャムZCON 2014にフェアレディを持ち込んで楽しんでいます。そこで、遠藤さんやモータースポーツ・Zカー・ウエスト・コースト・ネイションズと遭遇しました。

私は伝統的な日本仕様のフェアレディZ、型式S30Sを所有する事に誇りを持っています。 「ありがとう。」


2014年9月8日 会員だより 関東地区

皆 様こんにちは。ダットサン会担当をやっておりますEです。

S30Zと 出会い、購入し、2年。 今週所有後初めての車検です。

ま たクラブに入会し、一年半余りがたちました。ツーリングや各種イベントに参加し、充実したZ生 活をエンジョイしています。
また皆様のアドバイスやご協力のおかげで、20133月、6月、20141月 の3回大修理・バージョンアップい たしました。
「会員だより」で皆様に報告させていただきます。



改良点<排気系>
:購入時の
マ フラーはフ ジツボ製?でした。形状が合っていない感じで、シャシーから離れて落ちそうな状況でした。
  ステンレス
製 の純正タイプに交 換し ました!マフラーストラップハンガーも裂けていたので交換しました。

 

 

改 良<燃料系>
燃 料ポンプ、エンジンルーム内からリアの燃料タンク前に移動しました。


改 良点<ミッション>
2速 から3速 には入るのですが、3速 から2速 に入れるとガリガリ音がして入らない状況でした。

  ミッ ションのO/H と磨きを行いました。調子よくなり峠も快調です!


改 良点<吸気系>
:基本は磨き。インテークマニホールドをブラスト、キャ ブレター洗浄&O/Hと ファンネル磨きました。エンジンルーム
  
がかなりいい感 じになりました。


改 良点<エンジン>
:エンジンと言ってもヘッドカバーの交換(交 換&塗装。旧のヘッドカバーは、ツーリングで知り合った510ク ラブの方に
  
教えていた だいたケミカルグッズで磨きました。スペアーとして保管しています。。。)


改 良点<エンジン関連>
:ア クセルロッド、ヒーターコック、ブレーキマスター、クラッチマスター、ボールジョイントブーツ、 タ イロッドエンドブーツ、

   パ イプ類メッキ塗装、レーリーズシリンダー&ホース、クラッチディスク、フライホイール、スラストベアリング&レ リーズフォーク&ピポット、
  
ラジエターホースセット、サ イドエアーイ ンテークダクト


改 良点<ボ ディー関連>
:ドアノブ、ステアリング、フロントエンブレム、リアクォーターエンブレム、フットレスト、シフトノブ、 チェ ンジブーツ、
   
フ ロントのハブキャップ、ドアバンパーゴム、室内ドアハンドルインナーカバー、ボンネットバンパーフード、ステップカバー、
 
 ボ ンネットワイヤー&ロッ ク、シールドチェンジレバー、コンソールブーツ、サイドブレーキ・ブーツカバー、マップライトカバー、
 
 ド ラムカバーのブラスト


初 めて交換パーツを書き出してみました。かなり交換していたことに驚きました。。。生 き返ってきたことがわかります。

次 は、エキゾーストマニホールドをステンレス製に取り換えたいと思います。これで気になるところは大 体直 した気がします。

見 えない部品の劣化もまだまだあると思いますが。予防保全もやりつつ運転保全で対応していきたいと思います。

写 真は、 購入時と現在の比較です。ボルトやナットも可能な限り交換しました。非常に安いパーツで効果は絶大です!

 

こ れからも、大事にしていきたいと思います。

 

ホームページ編集人:エンジンルーム内すごくきれいになりましたね。ヘッドカバーの色とデザインがすごくマッチしていて良いと思います。一口にレストアと言ってもオーナーの個性が出るもんですね。 要所要所を手入れた個所が参考になります。またおたよりください。ステンレスエキゾーストもどんな風になるか楽しみです。


2014年8月Ⅰ日  新会員 Mさん のご紹介です。

以下Mさんからのおたより 全文です。

 

Zの入手ですが、個人売買で名古屋の方がオーナーで1970年に新車で購入してほとんど乗らずに30年ぐらい納屋に保管されていたそうです。

その後、息子さんが引き取られ親戚の方が乗られていたそうです。

私がこのZを見た時、体に稲妻が走りこの車しかないと思い平成26年1月に購入致しました。

ほとんどワンオーナーの車両で走行距離が33000キロで塗装以外フルオリジナルな車両です。

塗装も純正色と同色で前オーナーが塗装をしたそうですが、明るいグリーンになっています。私はすごくこの色が気に入ってます。

今後はオリジナルの現状の状態にこだわり続けて維持して行きます。雨の日には乗りません。

困っている事は屋根付きのガレージが欲しいです・・・

旧車歴

20年前にプリンスグロリアを購入して2年ぐらい乗ってました。

その後、仕事が忙しく手放しやっと程度のいいs30zと出会い今年の1月に手に入れました。

今後Zと長く付き合う為にクラブS30に入会して部品等、情報収集して行きたいと思っております。

 

早く皆様とお会い出来る日を楽しみにしております。宜しくお願いします。

編集者より

 

村田さんは 神奈川県の方です。40代半ばですね。詳細はメンバー紹介にアップしてゆきます。

33000Kmしか走っていないほぼワンオーナー車で45年式とはよく手に入ったものです。

驚きです。しかもこのコンディション 画像からはほぼ完ぺきに見えます。

テッチンホイールが当時物ぽくていいですね。

室内の様子ですがやはり当時のままのようです。

 

ハンドルスポークが穴なしタイプですね。

 

チョークレバーとスロットルレバーがこのように付くタイプはかっこいいですね。

これもなかなか奇麗に残っているものは少なくなっています。

 

現車をはやく見させてもらいたいものです。


2014年7月4日 皆葉さんからのおたより

 

旧車の時計って殆ど稼働していないことが多いですよね。発信機(オシレーター)故障や、内部老化のためですかね?
時計ですから、止まっていないで正確に時を刻んで欲しいですよね。

ハイ!そこで私の裏技を紹介(*^o^*)
これ、ヨドバシカメラで900円で売っている目覚まし時計。
これの心臓部を旧車の時計に移植しようって魂胆
(*^o^*)V

勿体無いようですが、先ずこの時計を分解~破壊…


続いてS30のダッシュ3連メーターの時計ハウジングを分解します。
文字盤裏に移植するムーブメントを強力両面テープで貼り付け。


ハイ!このとおり。

取り付けて約3時間…正確に時を刻んでいます。
100%純正機能に拘らず、正確機能重視のかた、是非やってみてください。

 

 

 

 

 


2014年6月26日 遠藤さんからのお便りです

 

Seat Belt Warning system Installation

~オリジナルの領域を守りつつ、DIYで遊んでみました~

1971年12月生産の北米240Z、HLS30-60213

は昨年9月に我が家にやってきました。これぞ原型保存、未再生のお手本のような状態で、

ずっとLAで夫婦に愛されて大事にされてきた車でした。聞くところによると旦那さんが50歳の時に、奥様のために買ってあげたとのこと。マニュアルシフトを希望するなら納車は一年後、ただしこのオレンジのオートマならすぐに引き渡し出来ると言われ決めたそうです。その使われ方は、週末に一度だけ教会にいく、その為だけだったとのこと。それも、自宅のすぐ近くの教会に。

ガレージ保管といっても、動かずに寝ていたことはなく常にメンテナンスを受けながら過ごしてきたのが幸いして、下回りの汚れこそありますがボディ、内装、カーペットからホイールキャップに至るまで新車の時についてきたものがそのままです。特にボディのペイントが当時のままであることが驚きでもあり、多くの新発見をもたらしてくれました。美しいラインやパネルの折り返し、エッジのアクセントなどがクッキリしていて、やっぱりオーラが出ています。発売当時にショールームで眺めていた人々の感動をやっと体験できた、、という感慨にしばらくふけったほどです。

 

以上抜粋で、全文はクラブ員の方は下記ファイルからどうぞ。

 

ダウンロード
遠藤さんのお便り 全文 
下記ファイルを開いていつものパスワードを入れれば見れます。
Seat Belt Warning system Installation pw
Microsoft Word 5.1 MB

2014年6月16日

クラブ北海道支部長 の ISEさんから のご連絡です。

 陸別ツーリング

6月14、15日 1泊2日の日程でクラブS30北海道支部、ダットサン会北海道支部合同ツーリングを行いました。あいにくの天候だったのでS30Z 2台 スカイライン54 セドリックほか4台ほどの参加でした。札幌から片道約300km 石川さんは片道約400kmの道のりで日本で一番寒い街、陸別町の日産テストコースまで行きました。夕方からは宿泊ログハウス横で夜遅くまでバーベキューを囲みZ談義に花が咲きました。片道4時間ほどのドライブでしたが2台とも絶好調で帰ってきました。

 

 

 

 

 

 

編集者より お便りありがとうございます。1泊2日の北海道のツーリング楽しそうですね。次のイベント時はまたクラブ員にアピールください。ひょっとすると他の支部からも参加あるかも。また、計画段階の様子も楽しめます。よろしく


2014.5.27 皆葉さんからのsos 苦戦中ですみなさんアドバイスお願いします。

 先日、SS-KUBOさんに240Z用純正SUツインキャブを譲っていただきました

初期で規制前のパワーが出る大口径キャブの方です。わたしのS30Zは公認L26搭載車…。

わたしは、ソレックス、ウエーバーといった定番でなく、あえてSUの味を求めます。

 


このキャブを装着したところ以前よりパワーが出、良くまわります
(*^o^*)

でも、アイドリングが安定しません。この現象は前に付けていたキャブでも起きていて、原因を突き止められず、モヤモヤしていました。
ま、運転には大して影響は無いため、だましだまし乗って来ましたが。
でも、せっかく新しいキャブを付けたのだからこれを機にバッチリ直したいです~。
そこでこの土日の炎天下、ガレージ前で格闘しました。
どうせだから2年半以上使ったバッテリーも新品に交換。
コイル、デスビもチェック。電気系はたぶん大丈夫??…

 

 

お次にキャブをバラして同調が合うようにあれこれセッティン
SUキャブ内のオイルダンパーにはホームセンターで調達したコンプレッサーオイル(マシン油)を注入しました。
エアクリーナBOXはたまたまオークションでタイムリーに出品されていたものを落札し、サビを落としてから自家塗装…
キャブが組みあがって調子はいいです。

でも、でも…。

 

プラグの焼けを見ると濃くてイマイチ。カーボン多目だし、時々レスポンスも落ちるのです。燃料絞っても大して変わりません…
また、走り終えた後、少し経ってからエンジンかけようすると、なかなか着火しないし、着火してもボロンボロンとかぶって吹けないし(何度もアクセルペダルを煽ると着火します…)。
なかなか満足いく領域には辿り着かないものですね。仕方ないからプラグの番ていを6番から5番に落としてみるか…。それでもダメならMDIか?!
あ〜また諭吉が逃げて行くーーー(叫)

そんなこんなで陽が暮れました。

素人ですが、ここまできたら自力で問題を克服したいです。
何か良い方法あったら誰かアドバイスください〜

 

<編集者より>

・フロートニードルバルブの段付き摩耗により不定期なオーバーフロー

・ジェットニードルの段付き摩耗とくにアイドル時の位置 (この辺はチェック済みかも)

 ジェットニードルの曲がりやセットずれ

・トックリの組みつけズレ(取説ではここは分解不可指示です)

・チョークの戻り不良・リンケージの突っ張り

などが考えられるのでは?

 私の所に全く同じSUキャブありますから、貸出しできますので、交換して不具合か所絞りこみという手もあります。電気系は高回転に不調が現れやすいですから今回は違うのでは?

なんならCDIも貸し出しますが。

 

 

 


2014年5月14日 皆葉さんからのお便りです


♬壊れかけのラジオ〜

今日はラジオについて。
わたしのS30にはクラリオンのラジオ一体型カセットステレオが付いていますが、壊れていて今は機能していません。

でも、このなんとも言えない昭和的な雰囲気がお気に入りなので、現代のオーディオ機器を組み込むことは躊躇しています。

でも、せめてラジオは聞きたいですね。ニュース、天気予報、渋滞情報が大事な時はありますからね…。
そこで某オークションでこのラジオを見つけ安値で入手しました(*^o^*)V


松下ナショナルのマークが超なつかしいです…。
それと本革のカバーがシブいと思いませんか。昔は一眼レフカメラにしてもランドセルみたいな重厚な革のカバーに身を包んでいましたね。
入手したラジオは幸い完動品で、AM,FMのチューニングに問題は無く、アンテナもいたんでいません。

CD、MD、i-pod…とクリアなサウンドに慣れた(当たり前)せいか、昔のラジオから聞こえてくるチョット耳障りな音は、逆にやわらかく感じたりします~。ニュース速報などもリアル感あります…
昔はラジオでピンクレディーや百恵ちゃんを聴いて喜んでいました。
このラジオをS30の室内に持ち込んだところ、時代的にも雰囲気がピッタリでなかなかイイ感じデス。


このラジオは乾電池式ですから少々手はかかりますが、満足しています。
先日webで読んだのですが、最近カセットテープに関心を持つ若者が多いそうです。
曲を前後に飛ばせないめんどくささや、機械的な外部記録媒体が逆に新鮮なんですって。
面白い現象ですよね。

皆葉さんお便りに 静岡 川嶋よりコメント

昔のラジオはメカメカしていてかっこいいですね!電池はエネループ(充電式電池)使えばいいし、しかもピクニックなどでは外に持ち出せますね。カセットなどの昔のアナログ記録媒体はテープのこの辺りに記録されているんだとなんとなく目で追えるところが親しみが持てるような気がします。


2014年4月22日

名古屋  永井さんからのおたより

 

先ず久しぶりのOIL交換。以前から気になっていた“Kendall GT-1 20W-50

旧車には科学合成OILがゴムに悪いと聞いていたので鉱物油のこれを入れてみました!

BPのコースクラッシックより少し軽くなった感じがありますね(^_-)-

それと久しぶりにタイヤを替えて(ストックのWATANABE Rタイプ8J オフセット0195 55/15225 50/15) S30Z CAR.JPさんのHOME PAGEで紹介されていたリアのポン付け補強を実施!

 

後ろのしっかり感よりも、ステアリングが左右に不意に取られていて、ギアボックスの固定が緩く動いていると思っていたのに、この症状がかなり改善されてびっくりです!

 

 

ただこの作業中に気がついたのですが左のドラシャがデフのところで少し抜けていたんです。バールでこじってやるとすぐに押し込めたのですが、もう少し走行後また点検してみます。

 

 

あと干渉していたマフラーは取り外して当たっている部分を叩いて(マフラー)再取付。今のところ具合がいい

 

 

 


2014年4月15日

奈良の遠藤さんからのお便りです。

 

wordファイルで画像の転載方法が分からないので、そのままファイル添付します。

下記から開いてご覧になってください。

尚、今回は会員のみの閲覧希望されているので会員パスワードでファイルを開いてください。

ダウンロード
遠藤さん よりお便りです
遠藤さんのz432を修復された内容紹介です。
Z432、あちこち治しています パスワード付き.docx
Microsoft Word 5.4 MB

2014年3月25日

静岡 川嶋です。

春になったので少し室内の模様替えを思い立ちました。

 

で、こんなものを作りました。

今までこんな室内レイアウトでしたが、CD付きオーディオセットが気に入りませんでした。こんな古いCDデッキでもちょっと現代的すぎて、イメージ的に浮き上がって感じていました。カセットデッキだとそれほどでもないんですが、CDになったとたんに違和感が有るのはやっぱりデジタル機器で有ることが影響してるんですかね。

ともかく運転しているときに目について気になるのです。

 でもここをいじくるのはすごく面倒で手がつきませんで、伸ばしのばしになっていたところです。 

で、こんな風に大森メーターで固めて、左から水温、油温、油圧の3連メーターとなりました。
でも、ちょっと定番的過ぎるかな。

 ほんとは大森の旧タイプウイングマークの付いているのが欲しかったんですが、全部そろえるのは難しそうで断念しました。

 

一番右の油圧計にはまだメーターカバーが無いのですこし不揃いですが、これから何とかします。


ではオーディオセットはどこに行ったのかというとこの位置です。セットの幅はちょうど工具入れのフタと干渉せず開くことのできる幅でした。配線処理がすこし甘かったですね。

オーディオはDENONの高級機ですが、2年ほど前に某オークションで入手してそのままになっていたものですが、やはりいい音してます。

 

なんとか考えた通りになりましたけど、これだとかなり体の柔らかい人でないと操作が難しいかも。

 

なんかの参考になりましたらどうぞ。

 

みなさんはこの様な室内の装備はどのようにしていますか?

アイデアやこんな工夫などありましたらご紹介ください。

 

 

 


2014年2月2日
ニューイヤーミーティング

に参加してきました。

静岡 川嶋です。

場所は富士スピードウェイ 

朝の搬入シーン

ローラT70

この会としては初めての富士開催で、しかも雨。

でもそこそこ参加者はいたと思います。


実は今回私は初めてフリーマーケット枠で出店したので、回りのことはほとんど見れずじまい。ジャロピー西さんや、本間さん、山口さん、栗原さん、澤野さん、鈴木顧問などが立ち寄ってくれました。

 

でも、今回のミーティングの特徴は走行会がメイン化していたということですね。ストレートを走り抜ける旧車の音だけはたっぷり聴きました。クラブの寺島さんの名前も走行会名簿にありましたね。

そして最後になってやっと晴れ間のでた本コースを出典車全員でパレードランで終了。

思ったより寒くなかったですよ。

 

 

 


2014年1月31日 新入会  sさん 東京都葛飾区 HS30 ZGマルーン 

私が初めて車を購入したのは1979年のことです。世は排ガス規制により、インジェクション化が進む中、どうしてもソレックス装着車に乗りたくて選んだ車はセリカLB2000GTでした。その後、様々な車に乗り換えましたが、中でも長きに渡りスカイラインを愛用し乗り継いできました。

 

そして2011年にZ34を購入、私にとって初めてのZです。その際S30も頭をよぎったのですが、過去にケンメリを所有し雨漏りやメンテナンス面でかなり苦労した経験があり躊躇してしまいました。

 

Z34に乗り始めて約1年後、出張先のアメリカで、偶然宿泊先ホテルの駐車場に1台の280Zが停まっていました。それは、かなり年季の入った個体で、日本でなら板金途中かと勘違いされるような、つぎはぎだらけの代物でした。しかし不思議なことにそれを見た途端、これに乗りたいと強く感じてしまいました。その時、自分が本当に乗りたいのはZ34では無くS30なのだと気付かされてしまったんです。そう思ったが最後、帰国後S30の出ている雑誌を買い漁り、3ヶ月後には中古車を探してました。そして舞い上がったテンションで購入したのが今の愛機です。買う店を間違えたのか、購入後の1年はありゃりゃの連続で、かなりお金を注ぎ込む羽目となりました。とは言え、縁合って出会ったのだから後悔はありません。また、少しずつ愛機が正常な状態になっていくに連れ、愛着心は確実に強くなりました。今後、愛機を仕上げる方向としてはボディ状態を考慮し、パワーより乗り味を大切にしていきたいと考えています。当面の目標は、L28から本来のハートL24へ載せ換えることです。そして、愛機と少しでも長く大切に付き合っていきたいと思います。まだまだ、分からないことだらけですので、皆様にはご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。